両利き(両投げ)用グローブ紹介

両利き(両投げ)用グローブとは

   今回は、両利きのグローブを紹介します。両利き(両投げ)用のグローブ(以下から両投げに統一)とは、網を挟んで左右それぞれに3本ずつ指をいれられるように設計されています。そうすることによって、右手でも左手でもグローブをつけることができ、どちらの手でも投げることができます。

   ちなみにこちらがその両利き用のグローブです。

   こちらの両投げグローブは軟式用で、どのポジションでも使う事ができます。普通の右利き用のグローブよりも割高になっていますが、市場に出回っている数が非常に少ないので、おそらくネット注文でしか手に入らない代物です。

両投げピッチャーとスイッチヒッターが対戦した場合

   では、両投げ用のグローブを持った両手投げのピッチャー(スイッチピッチャー)とスイッチヒッターが対戦した場合どうなるのでしょうか?

   まず、プロの投手で、両投げのグローブを使った両投げ投手はいるのかと言うと、日本では確認されている限りでは、ピッチャーで近田豊年ただ一人で、メジャーリーグでは、グレッグ・ハリスパット・ベンディットの二人がいました。

   スイッチヒッターは、松井稼頭央や西岡剛などをはじめ日本でも、アメリカでもたくさんいます。

   では、両投げピッチャーとスイッチヒッターが対戦した時には、いったいどうなるのでしょうか?

   投手が右で投げようとすると、当然バッターは左打席でバッターボックスに入ります。すると投手はグローブを右手にはめて左で投げようとします。するとバッターが右打席でバッターボックスに入りなおします。すると投手は左手にグローブを・ ・ ・ ・ ・ ・

   と無限ループに陥って、試合は進みません。当然お客さんからは大ブーイング及び歓声。実際にアメリカのマイナーリーグであった試合の動画を下に載せておきます。

   でも、こういうくだらない事を見るのは、僕は大好きです。日本では、大谷翔平が投手と打者の二刀流をやって注目を集めていますが、右でも左でも投げられる二刀流ピッチャーが現れて、スイッチヒッターと対戦する日が来ればいいなと思います。

両投げグラブを買った結果

   実は、僕は両利きを目指して色々訓練していたので、試しに買ってみました。

   実際に使ってみると、確かに左手でも右手でもグローブを入れ替えて投げることができます。また、気が向いたら、その様子をビデオに撮って、こちらにアップしたいと思います。

   そして、何といっても、周りの反応が面白かったです。

   僕は、社会人の野球と近所のソフトボールのチームに所属しているのですが、初めてこの両投げ用のグラブを持って行った時には、みんな物珍しがってこのグラブを触りにきます。

   それは、自チームに留まりませんでした。

   僕は、ソフトの試合では、セカンドとピッチャーをするのですが、セカンドでは右で投げ、ピッチャーをする時には左で投げるので、相手チームも!!!となります(別の意味でも)。そして、試合後に相手チームの人がこの両投げ用のグラブについて話をしにきます。

   まあ、まずもっている人はいませんからね。

   おかげで、相手チームの人と仲良くなることが多くなり、たくさん友達ができました。そういったネタを提供グラブとしてもすごく重宝したグラブで、買った甲斐がありました。

知識編

利き手とは

左利き

クロスドミナンスとは

利き手と脳

利き足

実践編

(Level 1) 歯を磨く

(Level 2) お箸を使う

(Level 3) 文字を書く

(Level 4) スポーツする

モチベーション維持

番外編

左利き専用アイテム

左手訓練の成果

両利きになってみて

利き手テスト

右脳と左脳

管理編

サイトマップ

管理人プロフィール

リンクについて

メール

著作権について

両利きマスターズ  >>  両利き用グローブ

アクセスカウンター

copyright (C) 両利きを極めるサイト−両利きマスターズ all rights reserved.