ぎっちょ

ぎっちょの語源

   今回は、最近ではほとんど使われることがなくなった”ぎっちょ”という言葉の語源について書いていきます。

   まず、”ぎっちょ”という言葉を広辞苑で調べてみると、

ぎっちょを広辞苑で調べた画像

   のようになりました。もちろん今回は、キリギリスという意味の方ではなくて、当然左利きの事で進めていきます。

   ”ぎっちょ”の語源は

  • 正月にある恒例行事
  • 茶道に使われている道具
  • 左器用という言葉

   があります。

   まず、1つ目の正月の恒例行事についてですが、旧成人式の日である1月15日に書初めや門松を燃やす火祭りがあります。それを左義長(さぎちょう)と呼び、そこから左利きを”ぎっちょ”と呼ぶようになったという説です。

ぎっちょを広辞苑で調べた画像

   ちなみにこの火祭りは地方によって色々な呼び方があり、僕の地方では、”とんど”と呼びます。



   次に茶道に使われいる道具ですが、茶道でお茶を沸かすために炉や風炉を使います。そこで使う炭に”ぎっちょ”という種類のものがあります。そして、その”ぎっちょ”は左側に置くことから、左利きを”ぎっちょ”と呼ぶようになったという説です。

ぎっちょを広辞苑で調べた画像

   最後に左器用という言葉がなまって”きよう”が”ぎっちょ”となったと言う説もあります。確かに、不器用(ぶきよう)を”ぶきっちょ”と言う事もありますので、あながち間違いではないかと思います。



   これでぎっちょの語源終わります。

<< サウスポーの語源

酒呑みを左利きというのは >>

知識編

利き手とは

左利き

クロスドミナンスとは

利き手と脳

利き足

実践編

(Level 1) 歯を磨く

(Level 2) お箸を使う

(Level 3) 文字を書く

(Level 4) スポーツする

モチベーション維持

番外編

左利き専用アイテム

左手訓練の成果

両利きになってみて

利き手テスト

右脳と左脳

管理編

サイトマップ

管理人プロフィール

リンクについて

メール

著作権について

両利きマスターズ  >>  左利き  >>  ぎっちょの語源

アクセスカウンター

copyright (C) 両利きを極めるサイト−両利きマスターズ all rights reserved.